忘年会

今年もあと少しですね。

昨日は静岡中医薬研究会の忘年会が静岡でありました。
(静岡中医薬研究会HP)

今年の出席者は20名ぐらいだったでしょうか。

漢方薬屋というと、白いひげをはやした仙人のような方が

薬研を引いているイメージがあります。

(これは荷居屋さんのCMのイメージでしょうか。)

ここのところ新しい会員店の先生が増え、活気づいています。

皆さん30代の方で、次の時代を担う方々です。

僕は40代に突入しました。負けていられませんね。

画像


5時まで駅ビルの上で勉強会を行い、

ホテルで忘年会です。

中華料理でしたので、ビールと紹興酒のホットを頂きました。

今年を振り返ってみると、ただただ駆け抜けてきたという言葉に尽きます。

少し立ち止まって見ることも大切だなと気付かされた一年でした。

お客様に「頭の中を空にする時間が必要です」なんて言っておきながら、

自ら実行しなければ説得力がありませんね。

深呼吸 深呼吸


今年も1年お疲れ様でした。
画像
画像




この記事へのコメント

Takker
2009年12月07日 17:31
お疲れ様です。紹興酒ですかあ、懐かしいなあ・・・。紹興酒は、上海へ出張に行った時に、ローカル社員に飲まされました!アルコールの弱い私としては、「勘弁して!」って感じでしたが、飲みごごちもよくて飲み易く美味しかったのを覚えています。調子に乗って、後半は〔御眠の時間〕になっていましたが・・・
帰国する際に、紹興酒の大きい瓶を御土産にもらったんだけど、会社の酒豪にあげちゃいました。
てんてん
2009年12月08日 13:39
Takkerさんへ

そうですか、紹興酒がキーワードでよい思い出が蘇るのですね。
お酒が弱いそうですが、僕も本当は弱いのです。
だけど楽しいからついつい飲んでしまいます。
紹興酒は粗目を入れて飲みますが、なぜかよく合います。
それに甘味は気を補うので元気がつきます。
後に残らないように飲むことが大切ですね。
自分を窘めているみたいです(笑
Takker
2009年12月08日 14:27
紹興酒、梅酒、泡盛、あと果実がメインの赤ワインと、私の場合、アルコールが美味しい!っと感じるのは、限られております。ビールに限っては、暑い日に飲む、普通サイズのコップ一杯目《のみ》だったら、美味しいと感じるけど・・・でも、次回の○○会もやはり飲むのは止めておきます。
飲みにかかると、【御眠】の時間になり、皆と沢山楽しく話す事が出来なくなりますので・・・話かわり・・・今日は、最終出社日で、今、暇な時間なので
これを書いてます。(現在、もう仕事は搬送etcのみで、手待ちの時間は、他の人の迷惑をかけなければ、何しててもよく会社公認ですので、御心配なく!)1990年から勤め始めて、19年があっという間に過ぎ、今、っていうか今日になっても実感が沸きません。きっと明日以降になったら、じわぁ~っと
感じてくるのだと思います。
てんてん
2009年12月10日 10:07
Takkerさんへ

一つの会社に約20年勤務の経験がない僕が語れる話ではありませんが、まずはお疲れ様です。きっと充実した20年だったのでしょうね。そのようなよい環境を提供してくれた会社にも感謝ですね。そして貢献してきた自分も褒めてあげなければいけません。人間、前進あるのみです。僕は数年前に挫折を味わったので今は後ろを振り向きません。駆け抜けるのみです。
「男は四十から」といいます。
人生折り返し地点!楽しく生きましょう。

この記事へのトラックバック