中医腫瘍プレ専門講座  ~・IN 名古屋・~

新型インフルエンザが、誌面をにぎわせています。
感染が前の週に比べて1.5倍に増え、
80才以下は抗体を持たないことが明らかになりました。

こうなると都心や交通機関への利用が心配になりますね。
僕が倒れると営業不可能になるので予防策をしっかり立てて
行ってきました。

しかし、名古屋駅のコンコースではマスクをかけた方はほとんど見かけません。
もう少し警戒が必要かもしれませんね。

会場となったのは、駅前の名鉄ホテルです。

今回のテーマは「腫瘍」です。
初めに登場したのが、京都で開業されている関薬局の
関陽子先生。
画像


臨床例が多く、この短い講座の中で少しでもお役に立ちたいと
かいつまんで沢山話して下さいました。
漢方薬というのは、弁証です。
10人患者いたら10通りの治療方法があります。
この条件下で処方名を挙げ、腫瘍講座という形にしていく
ことの難しさがあるのです。

おそらく相当量の医案があるのでしょう。

東洋医学は経験医学であることを再認識します。




お次は、不妊症講座でもメイン講師として出てくる
中医師の陳志清先生。
画像


イスクラの健康食品である【星火霊芝宝】のエビデンスを
発表しました。
中国では霊芝胞子の研究が多くされており、
私たちも腫瘍のご相談では欠かせないアイテムとなっております。

なかなか完治は難しい病気です。
この進行を少しでも方向を変え、
患者さん自身の、そして看病しているご家族のQOL
向上につながればと思います。




講座の後は東海中医学研究会主催の懇親会です。
名古屋にも素晴らしい臨床経験をもっている先生方が
多く、夜遅くまでお話を聞くことができました。

また今日からの仕事に生かしていきたいと思います。

ちょっぴり反省:ちょっと今回は飲みすぎました。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック