妊娠好機

画像


毎年、夏には妊娠報告が減るのですが、今年は逆に増えています。長梅雨のためか、冷夏のためか、どちらにしても妊娠好機といえます。
タイミングとよいムードづくりを忘れずに。



~・漢方一色・~ 其の五 『月経周期の不安定』

一般に28日周期が基本です。しかし、7日間以上も早く来潮する方(月経先期)、遅れたりする方(月経後期)、そしていつ来るか見当もつかない方(先後不定期)がいます。簡単に言えばホルモンのアンバランスですが、漢方的にみるとそれなりの原因があります。月経先期では「血熱」や「気虚」となり、低温期が短くじっくり卵胞が育てられなくなります。月経後期では「血虚」や「陽虚」となり、卵胞の栄養が少量しか届かないためなかなか育たず、低温期が長くなります。先後不定期では「気滞」が起こり、ストレスなどから体内の流れが動いたり止まったりと不安定になり、卵胞の栄養を安定供給できなくなります。結果、来潮が早くなったり遅くなったりと定まらないのです。これらは卵胞の質に少なからず影響すると考えます。
次回は『子宝相談の漢方養生』

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック